24c301a25344b4b3be68d0b6b902aad1_s

七五三のシーズン到来!七五三の基礎知識(その1)

もうすぐ七五三のシーズンが到来します!みなさまそろそろ準備は良いでしょうか?
おそらく、ちょっとお兄ちゃん、お姉ちゃんのパパ・ママは大丈夫だと思うのですが、初めてのパパ・ママにはかなりミステリアスな存在だと思います。自分の写真で見たことあるような・・・?という方もいるはず。

来る七五三のシーズンに備えて、これから2−3回で七五三についてお話をしていきたいと思います。

七五三の日付

地域にもよりますが、11月15日にするのが一般的です。
最近は11月15日だと神社や写真館が込み合っているという関係で、前後の日取りと都合がよい日付に行うというケースも増えてきました。

七五三をする年齢

七五三は、男女で少し年齢が違うのです。以下の様になっています。
これまでは数え年(伝統的な年の数え方。生まれた瞬間に1歳、以降1月1日に1歳年を取る計算方法)が一般的だったんですが、最近は満年齢で行うケースも増えているようです。
年子のお子様の場合、同時に・・・なんていうケースもあるみたいですよ。

数え3歳(満1-2歳)*状況によっては満3歳:男の子・女の子共に実施

数え5歳(満3-4歳)*状況によっては満5歳:男の子だけが実施

数え7歳(満5-6歳)*状況によっては満7歳:女の子だけが実施

何で七五三をするの?

元々は関東のイベントだったそうです。江戸時代に始まったとされ、江戸時代の風習と色濃くリンクしています。元々11月に収穫を感謝すると共に、子供の健康への感謝と加護をお願いするようになったようです。神様に健康とご加護をお祈りするという点では、今の七五三とリンクしていると言えますね。
以下、トリビア的な感じですが、元々はこんな感じのイベントだったようです。

数え3歳(満1-2歳):男女共に髪の毛をそる週間を卒業する。

数え5歳(満3-4歳):男の子が袴を着用する。

数え7歳(満5-6歳):女の子が大人と同じ太さの帯を使い始める。

時期が柔軟になったりなど、時代に合わせて少しずつ七五三も形を変えているようですね。我々もお母さんが妊娠している時などもあると思いますので、柔軟に満年齢に変更したりなどして対応をするのが素敵なのではないかと考えてます:)
次回は、どこでどんなイベントをするのが一般的かについて書きたいと思います。