09f5464c669c4cdb68882fca17f66434_s

新生児にとってのビタミンKの重要性とビタミンK2シロップ

1ヶ月健診の回でも取り上げましたが、ビタミンK2シロップというものが1ヶ月健診の際に投与または処方されています。ビタミンKは血液を固まりやすくするために必要な栄養素で、新生児メレナ(ビタミンK欠乏による出血)が原因の胃腸や頭蓋内出血の予防に必要です。

赤ちゃんは腸内でビタミンKを作るのが難しく、母乳にも含まれていないのでビタミンKを投与する事になります。ビタミンKは現在以下の3回投与される事になっています。投与の方法はビタミンK2シロップと呼ばれるシロップを薄めた形で与えるのが一般的です。

  • 出生時
  • 生後1週間以内
  • 1ヶ月健診の際 (すぐ戻してしまった、飲まなかった等の際はお医者さんに相談を!)

補足なのですが、実は粉ミルクにはビタミンKが含まれていますので、粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんはビタミンK欠乏症になりにくいんです。粉ミルクにもとても大きなメリットがあるんですね 🙂

非常に重要な栄養素なので助産師の方が担当されているケースなどでも、投与のタイミング等を確認して進めたいですね。