スクリーンショット 2014-07-27 8.48.32

熱中症対策!何時だったら外に出れるの?

最近もうどこもかしこもとっても暑い・・・!という感じになってきました。
何年か前の夏よりも確実に暑くなっているような気がします。。。
炎天下だと熱中症になりやすい、小さなお子様はいつ頃外に出て遊べば良いのでしょうか。

WBGT(暑さ指数)という単位をご存知でしょうか。これは温度と湿度と輻射熱を考慮に入れた暑さを示す指数で、気象庁が熱中症になりやすさを表す単位などに使っています。(WBGTの詳細はこちら)
湿度がWBGTの中で最も大きな要素となるので、いかに湿度が熱中症予防に対して重要かわかりますね。
※輻射熱:地面・建物・体から出る熱の事。

気象庁によると、WBGTが28度を超えると一気に熱中症の確率が上がります
こちらのサイトで全国のWBGTを調べる事が出来るので、お出かけ前の参考にしてください。

スクリーンショット 2014-07-27 8.48.32 スクリーンショット 2014-07-27 8.48.54
↑ 左は全国版、見たい地域をクリックすると右のように関東、関西などのように地域を拡大できます。

その後、最寄りの地域をクリックすることで、最寄りの地域の今後3日間のWBGTを確認できます。
試しに全国>関東>東京と進んでみましょう。(地域名をクリックしていって下さい。)

スクリーンショット 2014-07-27 8.57.33 スクリーンショット 2014-07-27 8.57.43

↑ 左は一日のWBGTの変化のグラフ、右は3日間の時間ごとのWBGT値です。7月27日は外出に不向き、28日と29日の方が外出に適している事が分かります。

 

WBGT値は朝9時頃からぐっと上がる日が多いようです。もし朝早く起きれたら9時までにお子様を公園に連れて行ってあげると良いのではないかと思います。アスファルトなどは照り返しが強いので、土や芝生の上で遊ばせてあげましょう。

もし時間の融通ができる用事だったら、WBGT値が低い日を見てみて外出を検討してみてはいかがでしょうか。(外遊びは雨だったら出来ないので、天気予報もあわせてチェックしてください!)