c6c81599b05bfbddf7b50d3ca68d6304_s

総合病院での出産のメリット・デメリット

私のうちは1人目は個人医院、2人目は持病の関係で総合病院で出産しました。
どちらも経験している珍しいケースだと思いますので、感じたメリット・デメリットをまとめたいと思います!個人的には結構違うところがあるなぁと感じました。

総合病院で出産するメリットと感じたこと

総合病院で出産するメリットは何と言っても様々な状況に対応できる設備・お医者様がいるということです。

  • お母さんに他の病気がある場合、出産後に経過を見てもらえる(必要に応じて投薬も出来る)
  • 出産時トラブルがあった場合、救急車で他の病院に搬送されない(100%ではないと思いますが・・・)
    地方の個人医院などの場合、帝王切開の場合は救急車で1時間以上運ばれるケースもあると聞きます。
  • NICU(新生児集中治療室)に空きがあった時に使える

総合病院で出産するデメリットと感じたこと

安心には変えられないので良かったのですが、価格面はちょっとお高いなぁと思いました。

  • 出産・入院費用が高い (病院にもよると思います。うちの場合は70万円程度かかりました。)
  • 陣痛が遠のくなどで、帰宅する場合きっちり入院費用がかかる (個人医院だと気軽に相談できるところも多いと思いました。)

皆様のお近くの総合病院のお値段は違うかもしれませんが、価格が20万円程度違うのは大きいですよね。
一方、総合病院での出産はもし緊急事態にあっても最善の治療をしていただけるという安心感がありました。
もしお母さんの健康に不安がある場合などは総合病院を選ばれるのもおすすめだと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です