8d33e1a716c3aa1d1d788a68b5761a1e_s

食中毒予防にラクトフェリン入りの食材を!

猛暑が続くこの時期は、食中毒も流行する季節です。
厚生労働省の速報データでは2014年に少なくとも7月末時点で、8,700人以上の食中毒が報告されています・・・!

怖い食中毒をから子どもを守るにあたり、キッチンや手指を清潔にするなどはもちろんですが、毎日の食生活も意識してみると良いかもしれません。

食中毒対策の強い味方 ラクトフェリン

ラクトフェリンという物質をご存知でしょうか。ラクトフェリンを継続的に摂取することで、抗菌作用があるだけではなく体の免疫力も高めてくれる最近メディアに良く取り上げられるようになった糖タンパク質の一種です。母乳(特に出産後すぐ分泌される初乳)に多く含まれていて、新生児が病気をしにくい理由の一つと言われています。

ラクトフェリンは何に多く含まれているの?

ラクトフェリンは牛乳・チーズなどの乳製品に多く含まれますが、加熱処理される過程で失われてしまいます。自然にラクトフェリンを摂取するのはなかなか難しいのが実情です。ただ、ラクトフェリンを生成する技術が開発されていて、現在は粉ミルク、ヨーグルトなどに配合されたり、サプリメントとして販売されたりしています。

子どもには粉ミルク・ヨーグルトで!

ラクトフェリンをサプリメントから摂取するのは子どもには難しいので、ラクトフェリンが配合されたヨーグルトや粉ミルクが続けやすくて良いと思います。

森永乳業はラクトフェリンヨーグルトやおなじみの粉ミルク『はぐくみ』など様々な製品にラクトフェリンを配合しています。ラクトフェリンの効能を知らなくても『はぐくみ』を利用しているパパ・ママも多そうですね!
ラクトフェリンヨーグルトは柔らかくて食べやすく、食中毒対策に園児に食べさせている幼稚園もあるとのことです。(エキサイトニュースより)

子どもでも気軽に食べることが出来る、ヨーグルトや粉ミルクで食中毒対策を意識してみると良いかもしれませんね:) 冬のノロウイルスに対する効果も立証されています!